FLExICT Expo 2019 、2020年2月23日(日)に開催決定!

会場は同じく大阪工業大学梅田キャンパスです。

一般発表枠(先着10件程度、審査あり)は2019年9月下旬頃から受付開始予定です!

FLExICT Expo 2018


外国語教育

ICT

Active Learning

Classroom Tipsの融合

 

2019年3月24日(日)

大阪工業大学梅田キャンパス 

OIT梅田タワー2階セミナー室

(201/203/204)

当日、簡易製本した冊子体のもの(モノクロ版オンデマンド印刷)も
数量限定で販売いたします。(先着40部・1,000円)

ごあいさつ


主催者代表         

神谷健一 (大阪工業大学)


 従来、学問の発展は学会誌によってアーカイブ(蓄積)されて行くことが通例でした。では、外国語の授業実践という領域があるとすれば、それを扱う組織は一体どこでしょうか。残念なことに学会という組織は幼稚園・小学校・中学校・高校の先生方にはかなり敷居が高いものです。このイベントの最大の目的はその敷居を低くして、外国語教育に携わる方々が対等な立場で議論を行うということです。

 今日では英語などの外国語教育が小学校にも降りてきています。また、国際化の進展に伴って早期英語教育も話題となることが多くなりました。このような中、これまで外国語教育を行ったことがない幼稚園・小学校の先生方はどのような工夫をされているのでしょうか。また、外国語教育を正規の教科として担当してこられた中学校や高校の先生方はどのような工夫をなされているのでしょうか。ともすれば中学校や高校の先生方の方こそ進んで授業設計や授業運営を行われており、私たちのように大学で外国語を教える教員が学ばせていただかなければならないようなこともあるのではないかと考えます。そしてこのような取り組みについて情報交換を行うことは、本当の意味での幼小中高大連携、あるいはその先にある生涯教育とも連携できる可能性があると言えるのではないでしょうか。

 このイベントでは「外国語教育」「ICT」「アクティブ・ラーニング」「クラスルーム・ティップス」の4つのうち、少なくともどれか2つに当てはまるものを全国の方々から広く募集し、その実践事例をアーカイブ(蓄積)するという欲張りな試みにチャレンジしたいと考えております。

 幼小中高大や生涯教育など全ての外国語教育関係者のご参加を歓迎いたします。

ゲストスピーカー

・反田 任 先生(同志社中学校・基調講演)
 ・越智 景子 先生(豊中市立野畑小学校・パネルディスカッション)
 ・溝畑 保之 先生(大阪府立鳳高等学校・パネルディスカッション)
 ・浦野 研 先生(北海学園大学・パネルディスカッション)
 ・岩根 久 先生(大阪大学・パネルディスカッション)

当日のプログラムはこちらからご参照ください。

会場案内・お問い合わせ等について

【参加申し込み方法】(2019年2月28日 情報修正)

1. https://senseiportal.com に会員登録する
2. https://senseiportal.com/events/47939 を開く
3. 右上の「このイベントに申込む」をクリックする
4. 懇親会(=イブニングセッション)に参加するかどうかを選ぶ。
5. 「申し込みを完了する」をクリックする。

なお、Facebook連携ではうまくいかない場合があるようですので、お手数ですがFacebookからの連携ではなく、新規にメールアドレスを登録する方法でお願いいたします。